しわ・たるみ化粧品の失敗しない選び方

しわ・たるみを改善するための化粧品も数多く売られています。アンチエイジングが美容の重要なテーマとなっている今、加齢がもたらすトラブルの代表格となるしわ・たるみへの効果が化粧品に求められているのです。しわ・たるみが生じる時期は人によって個人差がありますが、肌の衰えは30歳前後からはじまるため、予防の意味も含めてこの時期から意識した化粧品選びとケアが必要だと言われています。

しわ・たるみ化粧品の失敗しない選び方

しわ・たるみ化粧品

そんなしわ・たるみ化粧品を失敗せずに選ぶためにはまず対策には何が必要なのかを知っておきましょう。しわ・たるみは肌の老化によって起こるものですが、その老化をもたらすさまざまな要因を把握し、自分にはどの要因がとくに問題になっているのかを確認しておく必要があるのです。たとえば乾燥。乾燥は表面の小じわの原因となるだけでなく、バリア機能を低下させることで紫外線の影響を受けやすい状態をもたらし肌の老化を加速してしまいます。またすでに老化が進んでいる場合にはそれを食い止めるための抗酸化作用が最大のポイントとなります。もちろん、紫外線対策も忘れてはならないでしょう。

含まれている成分のチェックが大事

しわ・たるみ化粧品

通常、しわ・たるみ化粧品にはこうした効果が組み合わされています。とくに保湿成分と抗酸化成分が併せて配合されているケースが多く、どのような成分が含まれているのかをよく確認しておくことも大事です。たとえばしわがとくに気になる場合にはレチノールナイアシンヒアルロン酸といった成分が重要になりますし、たるみの場合はコラーゲンビタミンC誘導体ビタミンEといった成分が重視されます。そのほか抗酸化成分ではコエンザイムQ10フラーレンEGFといった代表的な成分に加えて各メーカーが独自に開発した成分や複合成分もチェックしておきましょう。

 

また同じ成分でも処方の違いによって効果が違ってきます。ナノ化によって粒子を小さくすることで浸透性を高めたり、極小のカプセルに有効成分を閉じ込めることで効果が損なわれずに角質層の隅々にまで届くようにする工夫が見られます。こうした製品ごとにメーカーがどのようなこだわりを見せているのかも確認しながら選んでいくとよいでしょう。
参照:たるみ美容液 | ほうれい線美容液

更新履歴